ラケットドックの目的は?

ラケットドックは従来の「打球感」「重さ(静止重量)」「デザイン」「ブランドイメージ」「プロが使っているか否か」などの主観的な判断により選 択から、「ボールパフォーマンス」「スイングのリズム、バランス、タイミングなど」を客観的に観察・分析しトータルのパフォーマンスが高いものを 選択するシステムです。

ラケットドックによってラケットチェンジされた方から、「スクールのクラスがあがった」「今まで負けていた人に勝てるようになった」「サークル仲 間から上手になったとほめられた」などなど、喜びのメールを度々いただきます。

ラケットドックの目的に一つとして「技術からの解放」「技術志向からの解放」があります。喜びのメールをいただいた方の共通点としてボールのパフォーマンスやスイングのクォリティーがあがったことということが容易に想像つきます。

つま り「技術力が上がった」という解釈ができます。

ラケットを変えることで「無意識・無自覚の運動調整が発生し」その結果としてパフォーマンスがあがったといえます。

人間の持っている調整能力や潜在能力が出しやすい状態にすることで結果的にその手段である技術もあがっていくのです。