試合に強くなる!

シングルス競技力アップ講座 基礎力編

シングルスをすると
 ミスを連発して自滅してしまう
 相手にあわせてしまい、ミス待ちのロブ合戦になってしまう
 自分の普段の練習を活かすことができずに、自分に対して情けなくなってしまう

このような悩みをお持ちのみなさまの為に、今回は『シングルス競技力アップ
・基礎力編』を開催します。

こんにちは、BTL徳重です。
私はベテランJOP、草トー合わせて年間約20大会に参戦し、現在は『全日本ベテランテニス選手権』にて上位進出するために、日々レッスンの合間に練習・トレーニングに励んでいます。

自分で言うのもなんですが、毎日のように練習していた学生時代よりもいまの方が上手いと思います。いままで学んだ多くの知識や経験から、効率よく上達するポイントをおさえて、短い時間でも有効に練習が出来るようになりました。時間も体力もたくさんあった若い頃の方が、ムリ・ムダが多くかったのだと思います。

そこで、私と目標は違っても
「いくつになっても上達したい」
「テニスに使える時間は多くないけど、効率的に上達したい」
「シングルスの試合で有効なプレーを身に付けたい」
と考えているみなさまのために、

シングルスが難しいと感じてしまう3つのポイント!
基礎を誤解していると上達が停滞する理由!

この2つを解説したうえで、さらにこれらを実際に実現する為になぜ「テニスキャンプ」が有効なのかもご説明したいと思います。

以下の内容を理解することも大切ですが、実際の自分に当てはめて、なりたい自分に近くためにこの講座が有効かどうかを想像しながらご一読いただけると良いと思います。


シングルスは何が難しい?! 3つのポイント!

テニスで一番多い悩みが「ミスを減らして安定したショットを打ちたい」です。
これはシングルス、ダブルス共通の悩みです。
しかし同じ「ミスを減らしたい」でも、シングルスとダブルスでは原因が違う場合があります。

ではダブルスと比べシングルスは何が難しいのでしょうか?

(1)シングルスは「移動距離が長い」

ひとりで横8.23m幅を走って打たなければなりません。(ダブルスは5.485m)
ダブルスよりも3m近く余計に走って打たなければならないのですが、単純に走って打つ技術練習や脚力を鍛えるだけでは不効率です。

重要なのは、自分のコートに不用意なオープンスペースができないようにする為の「リカバリー」と「ポジショニング」です。
打ったらなんとなくコートの真ん中に戻るでは不十分で、素早くスムーズなリカバリーとしっかりとしたポジショニングを知らないと、気づかないうちに厳しい状況に追い込まれてしまい、返球するのが精一杯になってしまいます。

(2)シングルスは「打てる範囲が広い」

ダブルスに比べるとコートも広いし前衛もいないので広い範囲を最初から狙って打つことが可能です。しかしこれが慣れないと逆に厄介なのです。人間は選択肢が多いと迷ってしまいます。

そこで重要なのが「プランニング」です。「どこに(場所)」だけでなく「どのような(時間)」ボールを打つかを決めていなければなりません。
打てる範囲が広いからこそ、しっかりとしたプランを持って打たないと自分のペースでラリーができず「ミス待ちのロブ合戦」のようになったり、無理なエース狙いの「ミス連発」になってしまったりするのです。

(3)シングルスは「攻守をひとりでやらなければならない」

ダブルスならば後衛が守り、チャンスがきたら前衛が攻めるという役割分担が出来るので、やることがある程度決まってきます。しかしシングルスは攻守の両方をひとりでやるので、自分が次に守るべきか攻めるべきかの「予測」が重要になります。

予測なしに来たボールを見てから動いているとチャンスボールが来ても「あっ!チャンスだ!」と思った時にはボールはすでに目の前です。それを無理に攻めれば「ミス連発」になったり、効果のある攻めになりません。そしてミスしないようにとつなぐと、チャンスを見逃してラリーするだけの「ミス待ち」状態になってしまいます。


基礎とは地図のようなもの!地図を持たないと無駄にさまよい歩くことに!

一般的に多くのプレーヤーが、基礎練習というと球出し練習を繰り返すような場面をイメージします。つまり「基礎」というと「フォーム(打ち方)を固めること」と誤解しているのです。
しかし本当の基礎とは、ゲームでのやり取りの全体像を把握し、どのような意識やイメージを持ってプレーすればよいかを知ることです。
フォーム(歩き方、電車の乗り方、車の運転方法)を練習しても、ゲームでのやり取りの全体像(地図)を知らなければ、コート(旅行先)で無駄にさまよい歩くことになってしまうのです。

いままでもシングルスの試合をやってきているにも関わらず「さまよい歩いている」プレーヤーは本当の基礎力アップが必要だと思いませんか?

これからシングルスに挑戦していくプレーヤーは、基礎力を知った上で練習を積み重ねれば効率よく上達できると思いませんか?


基礎ほど奥深い!知るだけでは結果に繋がりにくい!

キャンプでは、すでに多くの人が結果を出している効果の高い練習方法を使い基礎力アップを目指します。しかし単に情報や練習方法だけでは上達しません!
良い練習方法でも、あなたが間違った運動イメージを持っていたり、間違ったところに意識を向けていたりしていれば上達は停滞してしまいます。

だからインターネットやDVDなどの動画で技術解説や練習方法を学べる時代になっても、実際にコートでプレーしながら「あなたはここを誤解していませんか?」というようなマンツーマンのやり取りが上達には必須なのです。

BTLキャンプでは、効果の高い練習ドリルを使い2日間で約11時間のオンコート練習、さらにミーティングにて当日の練習を振り返ったり、ビデオ講習をしたり、あなたの質問にじっくり答えたり致します。

「シングルスで勝ちたい!」「シングルスに挑戦してみたい!」「上達したい!」という意識の高い方なら、レベルに関わらず大歓迎いたします。

コートでお会いできるのを楽しみにお待ちしています。

BTL 徳重 幸人