すぐに実戦に役立つ!

シングルスで勝つコツ講座

こんにちは!BTL徳重です。

私は現在ベテランJOP大会を主に様々な大会に出場するため、日々レッスンの合間に練習・トレーニングを行っています。
今年も昨年につづき『全日本ベテランテニス選手権(シングルス)』に出場することができました。

自分で言うのもなんですが、毎日のように練習していた学生時代よりもいまの方が上手いと思います。いままで学んだ多くの知識や経験から、効率よく上達するポイントをおさえて、短い時間でも有効に練習が出来るようになりました。
時間も体力もたくさんあった若い頃の方が、ムリ・ムダが多くかったのだと思います。

そこで、私と目標は違っても

「いくつになっても上達したい」
「テニスに使える時間は多くないけど、効率的に上達したい」
「シングルスの試合で有効なプレーを身に付けたaい」

と考えているみなさまのために、『シングルスで勝つコツ講座』を開催しています。

あなたはシングルスでこんな悩みに陥っていませんか?


シングルスをすると

○ミスを連発して自滅してしまう。
○相手にあわせてしまい、ミス待ちのロブ合戦になってしまう。
○自分の普段の練習を活かすことができずに、自分に対して情けなくなってしまう。
○試合中劣勢になると、どう切り替えて良いかわからなくなり、迷ったり、はまったり、その状況から抜け出せなくなる。

こんな情けない、しんどい、くやしい想いから脱出したい為に、ただ闇雲に練習をしたり、試合に出て経験を積んでいませんか?

技術練習だけではミスは減らせない!勝てるようにならない!


多くの人はミスショットの原因を、フォームなどの動きに求めます。
そしてそのショットの基本練習を繰り返しながら、ラケットの動かし方や体のひねり方、スタンスや体重移動などを細かく意識して直していこうと試みるのです。

しかし練習で出来るようになったと思っても、ゲームではなかなかミスは減らず、みな「練習ではできるのに、試合になるとできないのはなぜ?」と言うのです。

それはミスの原因の捉え方が間違っているからです。
「練習でできて、試合でできない」のならば、「練習にはなく、試合の時に出てくる要素」に原因があるのです。簡単な例を挙げると「その前のショットとのリズム変化」だったり、「どこに打つかの決断力」だったり、「ポイントがかかると無意識に出てくる間違ったイメージ」だったり。

テニスは似たような状況でも、飛んでくるボールのスピード、回転、場所などが毎回違い、一球たりとも全く同じボールはありません。つまりミスなく安定的にボールを打つには、同じフォームで打っているのではなく、運動調整が適切に行われた状況に合ったフォームで打たなければならないのです。
そのためには、フォームを意識して同じように打とうとしてはダメだし、そもそもフォームを意識していては、ボールや相手の状況を把握することができず、状況に合わせた適切な運動調整ができなくなってしまうのです。

あなたに合った戦術的なゲーム展開を!


戦術的なゲーム展開をするためにも、「ボールや相手の状況を把握」「状況に合わせた適切な運動」というものが必須になります。

戦術とはプランニングですが、相手や自分の状況を無視したプランニングではゲームで勝つことはできません。本や雑誌、ネットなどで配球などを勉強しても、それが自分の持っている技術や性格にマッチしていないといけないし、実行する時の状況にもマッチしていないといけません。

キャンプでは、オンコートでの「個別コーチング」や夜のミーティングでの「Q&A」などで、『あなたに合った戦術的なゲーム展開』を身につけていただきるようアドバイスいたします。

動けるカラダのために


効率的に上達するには、きちんとカラダが機能しなければなりません。
そこで私が日頃から行っているカラダのメンテナンスやトレーニング、試合前のウォーミングアップ方法など、私が実践してものをお伝えいたします。


あなたも目標に近づけるよう、私と一緒に練習しましょう!!
ぜひみなさまのご参加をお待ちしております。





BTL徳重幸人