すぐに実戦に役立つ!

『ゲームでよくあるミス克服講座』


●あなたを落ち込ませる最大の原因「凡ミス」

テニスは8割はどちらかのミスで終わるスポーツです。

いくら破壊力のあるスピードボールを打てたとしても、ゲームではミスを多くしたプレーヤーが負けてしまいます。何本か自分の望むようなボールでエースを取っても、それ以上にミスをして結果的に負けてしまえば、落ち込んで帰ることになります。

私自身、もう30年近くテニスにハマり、草トーナメンや区民大会からJOP大会、いまはベテランJOP大会と飽きもせずに挑戦し続けています。その経験からも、自分が上達して上手くなっていっても、思うようにエースを取って勝った試合など皆無です。もちろん実力差が大きくある場合は可能ですが、大人が小さな子供と相撲をとるようなもので、そんな試合を繰り返しても面白くはありません。
実力が拮抗した相手との試合では、いかに凡ミスを減らし、数少ないチャンスをモノにするかが重要なのです。

勝ち負けにこだわらず楽しくテニスをしたいという人でも根本は同じで、やっぱり凡ミスばかりしていては、楽しめずに落ち込んでしまうことでしょう。

あなたがゲームでよくしてしまうミスとはどんなものですか?

「チャンスボール」
「ダブルフォールト」
「ダブルスで前衛によくポーチされる」
「シングルスでストロークミス」

などなど

あなたがゲームでよくしてしまうミスの悩みを、今回のキャンプで克服しませんか!


●技術練習だけでは凡ミスは減らせない!

多くの人はミスショットの原因を、フォームなどの動きに求めます。
そしてそのショットの基本練習を繰り返しながら、ラケットの動かし方や体のひねり方、スタンスや体重移動などを細かく意識して直していこうと試みるのです。

しかし練習で出来るようになったと思っても、ゲームではなかなか凡ミスは減らず、「練習ではできるのに、試合になるとできないのはなぜ?」と言うのです。

それは凡ミスの原因の捉え方が間違っているからです。
「練習でできて、試合でできない」のならば、「練習にはなく、試合の時に出てくる要素」に原因があるのです。簡単な例を挙げると「その前のショットとのリズム変化」だったり、「どこに打つかの決断力」だったり、「ポイントがかかると無意識に出てくる間違ったイメージ」だったりします。

テニスは似たような状況でも、飛んでくるボールのスポード、回転、場所などが毎回違い、一球たりとも全く同じボールはありません。つまりミスなく安定的にボールを打つには、同じフォームで打っているのではなく、運動調整が適切に行われた状況に合ったフォームで打たなければならないのです。

そのためには、フォームを意識して同じように打とうとしてはダメだし、そもそもフォームを意識していては、ボールや相手の状況を把握することができず、状況に合わせた適切な運動調整ができなくなってしまうのです。


●キャンプがあなたに絶対に必要な理由!

「試合で勝てるようになりたい」「テニスが上達したい」と、ネット検索したり、本や雑誌を読んだりすれば、たくさんの上達のポイントを知ることができます。

しかしそれらをたくさん知っている人が上達しているのでしょうか?

ポイントを伝えるだけなら、ネット・本・雑誌などでも出来るが、実際に出来るようになるには、「まとまった練習量」「適切な練習環境」「個別コーチング」が絶対に必要になります。

「まとまった練習量」「適切な練習環境」「個別コーチング」はネット・本・雑誌では得られません。ある程度経験のある人ならばスクールに通っていたとしても、これらを得るのは難しいとお分かりになるでしょう。

特にゲームでよくあるミス克服には、「個別コーチング」で「試合の時に出てくるあなたをミスさせる要素」を見つけ出す必要があるので、コートでも夜のミーティングでもたっぷり話しが出来るキャンプが有効なのです。


●コーチ陣は実戦経験豊富!あなたの気持ちが痛いほど分かります!

こんにちは、BTL徳重です。

私は高校の弱小テニス部からテニスをやり始めました。そのため学生時代はほとんど戦歴はなく、試合で勝った記憶する皆無です。大学を卒業してからレッスンの合間に練習をし、草トーや区民大会からJOP大会などの試合に参加し、少しずつ技術と経験、知識を積み重ねてきました。

自分で言うのもなんですが、毎日のように練習していた学生時代よりもここ数年の方が上手くなったと思います。いままで学んだ多くの知識や経験から、効率よく上達するポイントをおさえて、短い時間でも有効に練習できるようになりました。昔は時間も体力もたくさんあった分、ムリやムダが多かったのだと思います。

昨年からはベテランJOP大会にも出場していて、『全日本ベテランテニス選手権』にも出場することが出来ました。今年も全日本出場はもちろん、上位進出を目指してがんばっています。
(ベテランJOP 40歳以上 6/30付ランキング 19位)

さらにアシスタントコーチには、私とは違い小さい時からテニスを始め、ジュニア大会や海外テニス留学の経験もあり、いまも一般JOP大会をまわっている実力派コーチも参加予定です。

私たちの実践経験とこれまで学んできた知識を総動員し、みなさまの上達を全力でサポートいたします。

最後までこのページを読まれたあなたは、テニス上達に燃えているはずです。
この上達の機会を逃さずに、かならず参加していただけると信じています。

テニスキャンプでお会いできるのを楽しみにお待ちしております!



BTL徳重幸人